スポンサードリンク

最近聴いている秋音楽!

 こんにちは。

 今日も晴れて、やはり日中は暑かったです。

 秋ですが、夏の終わりを引きずっているというとネガティブかな。

 過ごしやすいといえば過ごしやすいので、ポジティブに!

 

 音楽を聴いてポジティブに!!

 という事で、最近聴いている音楽の続きです。(笑)

 

 前回は夜のNHKで観た某お笑い芸人さんの思い出のUK音楽で出会った曲を紹介しました。

 その関連で、こちらの曲も聴いています。

Eurythmics, Annie Lennox, Dave Stewart - Sweet Dreams

www.youtube.com

 ちょっとLady Gagaっぽくないですか??

 いや、ユーリズミックスの方が先ですよね。

 

 僕はレディーガガを初めて聴いた時に大きな衝撃を受けたのですが、

 先にこの曲を聴いていたら、多少は免疫(?)ができていたかも知れませんね。(笑)

 

 ヴィジュアルも凄まじくスタイリッシュですね。

 特にアニー・レノックスのスタイルは今のジェンダーレスな流れにも合っているような。

 恐るべし、UK。

 

I'm Still Waiting (1992 Remix) - Courtney Pine Feat. Carol Thompson

www.youtube.com

 こちらもUK音楽です。

 ラジオでも度々かかる名曲ですね。

 今聴いていても洒落た雰囲気だなぁと思います!(好)

 

 でも、実は原曲があるそうで、なんとUS音楽!!(驚)

Diana Ross - I'm Still Waiting

www.youtube.com

 ダイアナ・ロス・・・US音楽界を代表する大御所様ですね!

 名曲も沢山あって、僕も好きな曲が沢山あります。

 まさかこんな隠れた(僕が知らなかっただけでしょうか・・・)名曲があったなんてっ!

 やはり原曲が良いとアレンジカバーされても耳にスッと入ってくるものですね!!

 

 ダイアナ・ロスが登場しましたので、

 次はUS音楽に移りましょう!

Dirty Loops & Cory Wong - Follow The Light

www.youtube.com

 マイケル・ジャクソンの「Thrillar」が入ってますよね!!?

 ノリが抜群です!!

 やはり原曲が良いと・・・(笑)

 もちろんアレンジも見事で、キレの良い音も映像でしっかり表現されていますね!

 

 UKロックを聴くようになってから、あらためてロックが僕の中に入りやすくなっているようで。(笑)

 そうなると、USロックも外せませんっ!

 ただし、今のところ最近の曲の方がしっくりきています。

 

The Linda Lindas - "Oh!"

www.youtube.com

 LAの若いガールズバンドです!

 音がUSですよね!!?

 でもちょっとUKなリズムもするのは、パンクバンドだからかな!??

 ファッションも素敵です!

  

 実はファッション的にもフレンチやUKをベースにしつつもUSを取り入れたい気分なのですが、僕のプレイリストにもそれが反映されているような気が・・・!

 ファッションと音楽ってやっぱ・・・!?!?

 

 

 ファッション的な音楽としては、こちらの曲もよく聴いています。

IU - Ah puh (어푸 (Ah puh))

www.youtube.com

 Kポップです。

 軽快なリズムと可愛らしい転調が印象的で、オシャレ感高いですね!!

 歌声も綺麗で地良いです!!

 

 この曲を知ったきっかけは、この前まで放送されていた日曜夜ドラマで存じ上げた新木優子さん!(美)

 彼女のインスタのリールでかかっていました。

 映像も非常に素敵ですよ!(美)

 

 小さな先生に聞いたら、IUさんは韓国で超有名な歌手だそうです。(学)

 こちらの曲を紹介してくれました。

IU - Blueming

www.youtube.com

 曲、音、歌、映像、洗練されていますね。

 KーPOP人気も納得です。

 

 流行りの曲も聴いていますよ!

Oslo Ibrahim - Baby Don't Let Me Go

www.youtube.com

 ラジオでも大ヒットしていますね。

 インドネシアからの音楽だそう!

 やはりカッティングギター(音はベース?)のリズムはノリノリで、

 陽気でオシャレなメロディーと歌声が良い感じです!!

 

  こういう音、昨年もハマっていましたね。

音楽の力 - 靴と歩む、僕の...

 Phum Viphuritの「Lover Boy」です。

 タイの音楽でしたね。

 

 アジア系のカッティングギター繋がり!??

 どうやら僕は好きなようです!

 

 ではでは。

 

CLUEL(クルーエル) 2021年 11 月号 [雑誌]

CLUEL(クルーエル) 2021年 11 月号 [雑誌]

  • ザ・ブックスパブリッシング
Amazon

スポンサードリンク