スポンサードリンク

今季はブラックスエードな気分です! (50) CHEANEY ② BARNEY ONLY ARK 別注 (壱)

 こんにちは。

 今日も晴れました。

 肌寒い感じが3月らしいのかな。

 

 『CHEANEY』のブラックスエードのカジュアルブーツを取り上げています。

 次はこちらのモデルです。

JOSEPH CHEANEY&SONS BARNEY ONLY ARK 別注


 

 「ONLY ARK別注」・・・は、

 ちょっと前にも登場していましたね。

maeego.hatenablog.com

 栃木県で誕生したセレクトショップです!

 北関東を中心に実店舗が展開され、

 オンラインショップも充実しておられます。

広告

 

 『ARK nets』(公式オンラインショップ)で同ブーツを発見しました!!

www.arknets.co.jp

 ブラックスエードは完売ですね、、、。

 

 因みに、 

 楽天でも販売されているのですが、


 

 同じくブラックスエードは完売しています。

 Yahoo!ショッピングでも、Amazonでも、同様です。

 

 「JUPITER CALF」はあと少し有りそうですね。 

 こちらも凄くカッコ良いです!!

広告

FREAK'S STORE (Daytona Park)

 

 そういえば、「JUPITER CALF」は前靴「OWEN」の時もインラインモデル(だと思うのですが・・・)で登場しましたよね。

maeego.hatenablog.com

 あらためてこの紋様ですが、

 『Haas』社の「YUTA CALF」や、

 『Horween』社の「HATCH GRAIN」、

 と雰囲気が近いように思います。 

 両革については、こちらの記事で特集されています。(感謝)

dig-it.media

 どちらも幻の革「RUSSIAN CALF」を思わせる菱形状のシボ目ですね。

 そして、「JUPITER CALF」のシボ目も似ていますよね。

 

 「ジュピターカーフ」・・・

 以前キャップトゥダービー特集をした時にも登場していました。

maeego.hatenablog.com

 やはり『JOSEPH CHEANEY』の靴でしたね。 

 で、

 『Weinheimer』社の「JUPTER CALF」です!

広告

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP

 

 脱線しまったので、戻ります。(苦笑)

 別注では無い方の「BARNEY」を探したのですが、

 本国サイトにはラインナップされていませんね・・・。

www.cheaney.co.uk

 インラインには無いモデルなのかなぁ・・・、

 と思っていたら、

 なんとっ!!?

 ・・・これについては、もう少し後で。

広告

 

それでは、見ていきましょう!

ラスト4436 

 「英国軍に供給していたミリタリーラスト4436を採用してるBRECONをベースに別注」との事です。

 因みに、「BRECON」はこちらです。


 

 こちらは粒立った表情のグレインレザーですね。

 『チーニー』が得意とするヴェルトショーン製法と、

 コマンドソールが採用されています! 

 ミリタリー感のある無骨さがありつつも、すっきりとした感じもあり、

 品が感じられますね!

 サイドゴアブーツ特集の時に取り上げなければならないモデルでした、、、。(悔)

 

 そして、実は!

 本靴「BARNEY」は、

 『ARK』さんが「BRECON」に別注をかけた事で誕生した、

 新品番との事です!!

www.youtube.com

 すなわち、

 別注では無いの方の「BARNEY」は、「BRECON」なのですね。

 それにしても、

 『ARK 別注』だけの特別な品番って、

 凄い事ですよね!!! 

 だからインラインでは展開されていなかったのでしょうね。

広告

三越伊勢丹オンラインストア

 さて、ラスト4436ですが、

 1969年に製作された歴史のあるラストで、日本国内の展開では最も古いそうです。

 英国軍に提供していたこともあり、本国ではミリタリーラストと呼ばれているラストです。

 丸くて無骨なフォルムながらも、どこか愛嬌のある表情が特徴、との事。

 短いノーズのラウンドトゥに、

 広めのウィズ、

 やか小ぶりなヒールカップがフィット感を高めます。

 とありますね。

 

 そして、

 「CAIRNGORM 2R 」で採用されている事でも有名なラストです。

キャップトゥダービーで! (27)JOSEPH CHEANEY ① CAIRNGORM 2R (A) 歴史 - 靴と歩む、僕の...

maeego.hatenablog.com

 ボリューム感のあるフォルムながらも、

 ノーズ長やヒールなど引き締めるところは締めていて、

 精悍な雰囲気がありますね! 

 そして、スクエア気味のラウンドトゥが古き良き英国靴を思わせるかなと!

 

 今回はここまでです。

 ではでは。


 


スポンサードリンク