スポンサードリンク

今更ですが、「オックスフォード」と「バルモラル 」の違いって・・。 (2)

 こんにちは。

 今日は雨が降りそうで降らない感じでした。

 肌寒いくらいの朝晩で、本当に6月なの??

 でも明日は暑くなるとか・・・。

 

 前回の続きです。

  「キャップトゥダービー」の話から脱線をしていまして、、、

 「オックスフォード」と「バルモラル 」という単語の意味や違いや関係について考えています。

 イギリス靴ブランドを見ていると、僕がこれまで考えていた意味とは違うような気がしてきまして、、、。(今更?・・)

 

 前回は、「オックスフォード」は短靴全般では無く、「ダービー」を除いた紐靴、つまり内羽根の短靴を指す単語として使われている事を確認しました。

今更ですが、「オックスフォード」と「バルモラル 」の違いって・・。 (1) - 靴と歩む、僕の...

 この時点で既に僕の理解を改めなければならない状況ですね・・。(苦笑)

 

 

 そうなると、

 「バルモラル」は内羽根の事ではないの?

 という次の疑問が出てくるわけで。

 

 前回取り上げたイギリスを代表する靴ブランドの中で、

 『EDWARD GREEN』には「Balmoral」が有りました!

www.edwardgreen.com

 「AN ELEGANT BALMORAL」との記載があります!

 ヴァンプが踵まで伸びていて、サイドに水平ラインが表れるデザインが特徴的ですね。

 つまりロングヴァンプですよね。

 

 おそらくアルバート公が履かれていた靴はブーツだったと思われますが、ロングヴァンプだったのでしょうね。

  こちらの記事を見つけました。(感謝)

www.gentlemansgazette.com

 こちらでもバルモラルはサイドに水平ラインが表れるデザインと説明されていますね。

 

 バルモラル ブーツはアルバート公のwalking bootとしてデザインされたそうです!(驚)

 

 アルバート公はバルモラル城のライチョウの湿原で着用でき、屋内でも見栄えのするウォーキングブーツを求めておられたそう。

 ブーツメーカーが誰かは定かでは無いようで、ジョンロブの名前も上がっていますが、Joseph Sparkes Hallが作った可能性が高いようです。

 名実ともに評判の高いジョセフは既にヴィクトリア女王のためにサイドゴアブーツを発明していた事もあったので。

 

 そういえば、以前取り上げたサイドゴアブーツ特集の時にも女王のエピソードがありましたね。

ロック&シック、サイドゴアブーツ 。①歴史 - 靴と歩む、僕の...

 特集の最初に歴史をチェックしましたが、Joseph Sparks Hallの名前は今回知りました。(学)

 

 因みに、ジョン・ロブは1849年にシドニーで会社を設立し、1863年にロイヤルワラントを授かりました。

 その後シドニーからロンドンへ戻り、工房を構えたのは1866年です。

 ロンドンの『JOHN LOBB』では、アンクルブーツに「Golosh Oxford Cap」がありますね。

www.johnlobb1849.com

 「golosh」というのは古いフランス語とラテン語の「galoche」に由来する言葉だそうで、もともとはブーツメーカーのラストを指していたらしいです。

 

  バルモラル ブーツはウォータープルーフ加工されていたそうです。

 ヴィクトリア女王もそれを気に入り、何足か作られました。

 それが一般に広まり、男性のみならず女性も履くようになりました。

 

 バルモラル ブーツがいつデザインされたのかは不明だそうです。

 ただし、エドワード公が女王のためにバルモラル城を購入したのが1852年なので、その後だろうと。

 これについてWikipediaに記述がありました。(感謝)

ja.wikipedia.org

 王室の邸宅として使われるようになったのは1848年からとありますね。

 気に入った夫妻は1852年に購入しました。

 

AIGLE

 もともとはカントリーブーツだったのですね。(驚)

 確かにバルモラル城はロンドンでは無いわけで、カントリーですよね。

 記事に掲載されている1854年のご夫妻の写真で、アルバート公が履かれている靴はロングヴァンプのように見えます。

 そのファッションがカントリースタイルなのかは疑問ですが。

 むしろ現在の正装に繋がるように見えますね。

 

 で、「バルモラル 」は内羽根の事ではないのだろうか? という問いに戻ります。

 どうやらイギリス靴ではロングヴァンプの内羽根の事を指しているようですね。

 確かに内羽根の事ではありますが、全ての内羽根の事では無さそうです。

 

 つまり、

 全ての内羽根は「オックスフォード」、

 その中でロングヴァンプの内羽根を「バルモラル 」、

 という事になるのかなと。

 

 今回はここまでです。

 ではでは。

 


スポンサードリンク