スポンサードリンク

コードバンクリームからアレコレと話が膨らみ、、、

 こんにちわ。

 今日も天気には恵まれましたが、少しづつ寒さが増してきたような。

 

 では前回の続きです。

 昨日は書いている途中で物凄い睡魔に襲われてしまいました...。

 普段そういうことはほとんど無いんですけどね。

 なのでいつも以上に内容の無いという...。(苦笑)

 

 コードバンのクリームの話でしたね。

 ググっていた中では「サフィールノアール コードバンクリーム」の評判が良いみたい。

 サフィールノアールといえば「クレム1925」が有名で、プロの靴磨きさんからも高評価を得ている油性クリームですね。

 油性クリームに強いブランド(?)なので、コードバンも良いのかな。

 色展開は5色あるようで充実していると思います。

 

 「M.モゥブレィ」からもコードバンクリームが出ていますね。

 色展開は7色あるみたいで更に充実しています。 

 ブラウン系はライト、ミディアム、ダークの3段階ですね。

 

 「コロンブス」からは無色のみです。

 ただし、コロンブスには別ブランドがあり、そちらが充実していますね。

 そう、「ブートブラック 」です。

 色展開は6色あるようです。

 ただしパッケージに気になる文言がありまして...。

 「オイルドコードバンには使えません」・・・??

 オイルドコードバン? 

 ホーウィンのシェルコードバンは「油分をたっぷり含んだ」って言われるけど、オイルドコードバンなのかなぁ??

 でも、ブートブラック がシェルコードバンを除外するとは考え難いし。

 という事で、店舗に聞きに行きました!

 

 都内某百貨店の紳士靴売り場の靴クリームコーナーに行くと、コロンブスから来ている店員さんがおられました。

 早速オイルドコードバンの件について聞いてみました。

 オイルドコードバンがどのようなコードバンなのか、具体的な製品など、は分からなかったのですが、ホーウィンのシェルコードバンは問題無いと。

 ホッと安心。

 それはそうですよね。

 コードバンの靴といえば第一にオールデン&ホーウィンでしょうから、それに対応できないクリームを作る訳が無い。

 

 そしてブートブラック の特徴も説明してくれました。

 コードバンは繊維が縦に揃った構造だそうで、起毛革のようなイメージでしょうか。

 その繊維を寝かせてスムースレザーのような表面と独特の輝きを生み出しているそうです。

 しかし、水に濡れるなどして寝ていた繊維が起きてくると、ザラついたり、曇ったり、ボコボコしたりしてくるようです。

 そのため、繊維を寝かせるようなメンテナンスが必要となります。

 そこでブートブラック のコードバンクリームには毛を寝かせる成分が入っているそうです。

 その結果、光やすくなるとの事。

 コードバンの魅力に合わせた設計のようですね。

 

 そこで1つ心配になったのは、クリーナーで落とせるのか?、という事。

 だって、古いクリームが障壁になると新しいクリームの栄養が革に浸透しませんよね。

 これについても、ステインリムーバーで落とせるそうです。(安心)

 付け加えると、ステインリムーバーは水分があるので、コードバンに使うときは少量づつにした方が良いとの事。

 

 他メーカーの製品についてコメントはしづらいでしょうが、聞いてみました。

 

 サフィールノワールについては、栄養補給に向いているのでは無いかと。

 確かに、保革成分も良いのが入ってそうですよね。

 

 コロニル1909シュプリームクリームについては、コードバンにも使えるが、つけ過ぎると白っぽくなるとの事。

 

 また、デリケートクリームとカラーレスの乳化性クリームの違いについても聞いてみました。

 デリケートクリームは水分が多いそうで、浸透性が良く革に柔軟性を与え、変色などもほとんど無いので、万能クリームと言われているそうです。ただ、水分は蒸発するので乾燥も早く、保革効果は短いようです。

 そもそも、保革という意味では水分ばかりではなく油分が大事なようです。

 そのため、乳化性クリームが必要となるそうです。

 乳化性クリームには油分も入っているので革に残りやすいようです。

 そして、カラーレスの乳化性クリームというのは着色料が入っていない乳化性クリームで、デリケートクリームとは別物となるそうです。

 まさに名称そのままの結論でしたね。

 

 では、カラーレスとカラーをどう使い分けるのか。

 これもそのまんまの結論ですが、退色を防ぐためにカラークリームを使うと。

 僕はずーっとカラーレスを使い続けているので、カラーの必要性を忘れてしまっていましたね。(苦笑)

 

 最後に、乳化性クリームがあればデリケートクリームは不要なのか?を聞きました。

 通常の手入れであれば、乳化性クリームだけでも良いかな、と。

 より丁寧なメンテナンスができるのであれば、デリケートクリームには水分で毛穴を開かせる効果もあるので、そのあとの乳化性クリームが入りやすくなるそうです。

 ただ、乳化性クリームの入りに関しては、ステインリムーバーも水分で毛穴を開かせるので、デリケートクリームの工程を飛ばしてもいいそうです。

 つまり、デリケートクリームを使えばより丁寧、という感じでしょうか。

 

 普段からある程度メンテナンスをしているのであれば、デリケートクリームの存在は微妙なのかなぁ。(苦笑)

 

 革にとってはデリケートクリームが一番優しく、自然な保革に適していると思っていました。そして油性はクリームが古くなっても落としづらく、革には良く無いのではないかと思っていました。

 でも、そもそも革は油分を含むものなので、油性クリームは悪くは無いですよね。

 「クレム1925」が好評なのはそういう事なのかな、とあらためて思いましたね。

 ただ油性クリームだと水分が無いので、デリケートクリームと併用することになるのかな??

 

 ではでは。

 


スポンサードリンク