スポンサードリンク

昨夜のNHK『プロフェッショナル』が良かった。

 こんにちわ。

 今日も少し暑かったですね。

 ニットの出番が全然来ません。(苦笑)

 

 さて、昨日の続きを書きたいのですが、、、

 もう1つ書きたい事が出来てしまったので、今回はそれについてです。

 

 昨夜放送されたNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』が僕の気持ちに刺さりました。

 出演されていたのは米田肇さんという方で、世界最速で三つ星を獲得されたレストラン「HAJIME」のオーナーシェフとのことです。

 僕は番組を観るまで存じ上げませんでした。

 

 詳しい情報をこういう場で書いて良いのか分かりませんし、

 そもそも僕の知識では書けませんね、、、。

 だって、昨日番組を見て知っただけなので。(苦笑)

 

 さて、何が僕の気持ちに刺さったのかというと、

 ズバリ米田さんの人間性にグッと来てしまいました。

 

 彼が選んだ料理という仕事に対して、

 それを楽しみに来店されるお客様に対して、

 あそこまで純粋に、

 あそこまで全身全霊で、

 取り組んでいる人がいる。

 

 ちょっと毛色が変わりますが、左甚五郎を題材にした話芸の中に「魂を込めて作る」という言葉を聞いた事があります。

 米田シェフの姿を見て、まさに魂を込める、命を削って、という言葉が浮かびました。

 

 自分の魂に、自分の命に、限り無く近いところまで行ってしまうという事は、

 想像を超える苦しさ、辛さ、に直面させられるのですね。

 逃げ出したくなっても、放り出したくなっても、それが出来ないのは、とても純粋な心ゆえなのかなと思いました。

 米田シェフが堪えきれずにこぼした涙の1つ1つが、僕の気持ちを震わせました。

 そういう姿勢を隠さずに放映された事も、僕にとっては衝撃でした。

 

 そういう方が作られるレストラン・料理というのは、

 映像で観ただけでも隅々まで行き届いていて美しい!

 

 そして、美しいだけではないのですね。

 料理がある常連のお客様の心に響き、

 それがシェフの心に響き、

 魂と魂の共鳴ともいえる特別な関係が映っていました。

 料理によって言葉を超えたものが伝わった瞬間があり、

 それが人生を変え、

 今がある。

 その姿にも僕の気持ちは震えました。

 

 もちろん、米田シェフの姿は、苦しいだけ、辛いだけ、では無かったですよ!

 料理をする事が本当に好きで、

 僕には想像できないレベルでの幸せの瞬間があるからこそ、

 料理を続けておられるのだと思います。

 

 それに、映像がとてもスタイリッシュに見えました!

 やはり美しいものを作る方だな、と思いましたね。

 

 良い番組が見られて嬉しかったです。

 ではでは。


スポンサードリンク