スポンサードリンク

MacBookを下見。

 こんにちは。

 台風は過ぎ去りました。

 家の周りは葉や枝が散乱していて驚きました、、、。

 とはいえ、遥かに大変な被害を被られた方々もおられます。

 今日無事1日を終えられる事に感謝ですね。


 さて、この流れからは不適切かもしれませんが、、、

 前回の続きです。


 パソコンをWindowsからMacに変えようかと思っています。

 僕にとっては初Macでして、、、

 スペックだけ眺めていてもイマイチ分かりません。

  そこで、まずは小さな先生に相談!(これが前回)

 どうやらAirになりそうかな。


 次は店舗で実物を見てこよう!

 という事で、池袋へ行ってきたという訳です。

 今回はその時の事についてです。


 池袋にはビックカメラヤマダ電機の中枢とも言える本店があります。

 しかも、お互い目と鼻の先に!

 僕側からすれば比較しに行き来しやすい。(笑)

 想像するに、店舗側からすれば競争せざるを得ないのではないでしょうか??

 

 本店ですから品揃えは抜群です。

 MacBookが揃っているのはもちろん、アップル専用の売り場が作られています!(凄)


 早速Airをチェック。

 薄いし軽い!

 アルミニウムの質感や楔型のデザインも他社との違いを醸し出していますね。

 プロダクトとして美しい!


 ゴールドはピンク寄りの明るく淡い色味で、iPhoneXSと同じかな。

 ただし、MacBookAirはアルミニウムボディでのゴールドとなり、ドライな質感でした。

 因みにiPhoneXSは背面がガラス張り(?)のような作りで、側面はピカピカなので、艶やかな質感ですよね。

 MacBook Airのゴールドは派手では無いと思いますが、華やかな印象ですね。

 僕は嫌いではないですし、使えます! 

 というか、欲しい!!(笑)


 ここでMacBookの色について僕の感想を書いておきますね。

 スペースグレーはかなり人気の色なようです。落ち着いたクールな印象で、ビジネススーツにも一番馴染む色だと思います。

 シルバーはアルミニウムの質感が素直に現れていて、Macの大定番の色なようです。明るさがありつつ何とでも馴染みやすい色だと思います。

 ゴールドは使われている製品も少なく人気のある色のようです。一番華やかで、アクセサリー性のある色だと思います。


 2018年モデルもありました。

 見た目は、、、同じ!

 2019年モデルは「True Tone」が入っているのですが、有る無しを見比べても、、、分からない!(苦笑)

 でもね、それで良いのだと思います。

 ほとんど分からないくらいのところが身体に影響していたりしますから。


 僕がエアーを触っていた時に、前回書いた若い店員さんが話しかけてくれました。

 MacBookの基本的な操作方法についても教えてくれたのですが、Airは常にスムーズに動き続けましたね。

 やはりAirのスペックは必要十分といえるのかな。


 今回はここまでです。

 ではでは。


スポンサードリンク